使い方

ラブサーチでメールが続かない人へ

メールの返信は済みましたか?

このようにラブサーチで上手くいく方法は、なんといっても「楽しむ」ということですよ!

ですから、あまりガッチガチになりすぎずに、とにかく

「出会いまでの過程を楽しむんだ!」

という気持ちでこれから取り組んでいってもらえたらと思います。

では、メールを続ける方法をご紹介していきましょう。

以下のステップで進んでいってみてください。

 

1.「まずは無難トーク」

まず、コチラからの返信が2通目までは、無難なトークが望ましいでしょう。

つまり、

初回  自分「はじめまして」

相手「はじめまして」

返信1 自分「返信ありがとう」

相手「~~~」

返信2 自分「最近寒いですね。」

相手「~~~」

というように、「返信2」までは、無難な感じの、当たり障りのない会話をこころがけるといいでしょう。

しかし、ここで注意をしておきたいのが、このような「当たり障りのない会話」ばかりをする人。

ついつい、「突っ込んだ話をしたら、せっかく返信をくれたのに嫌われてしまうんじゃないか」などと思って、距離を平行線に保ったままにする男性がいます。

しかし、考えてみてほしいのですが、このような会話ばかりでは「つまらない」です。

はい、「つまらない男」と思われたら相手から3通目、4通目ぐらいで返信はパタリと止んでしまいます。

ですから、このような会話は「返信2」、最低でも「返信3」までで終わらせておくこと。

では、次にどんな会話をすればいいのか?

それは「ステップ2」です。

2.「恋愛トークへ持ちこむ」

では、次に何をすればいいのかというと、「恋愛トーク」に持ちこんでください。

女性は恋愛をするために生まれてきたような生き物です。

よく、ファストフード店などに行った時、隣の女性たちが話しているのはたいてい「恋愛」のことではないでしょうか?

それぐらい、女性は「恋愛トーク」が大好きなんです。

しかも、これはかなり突っ込んだ内容の話です。

しかし、それでも3通目、4通目などであれば、タイミング的にはバッチリ!

では、どういう風に切り出せばいいのか。

それは、

「ところで、○○さんは好きな人とかいるんですか?」

というように始めるといいでしょう。

これを見てみてやっぱり「かなり突っ込んだ内容だな、、、(笑)」と思うかもしれませんが、今までの無難なトークがありますから、これぐらいなら全然平気です。

この内容を今までの文章の最後にサラっと書いてみて、相手の反応を見てみましょう。

そして、恋愛の話になると急におしゃべりになる女性は多いですが、それに対しては「うんうん」と完全に聞いてあげる立場に回ること。

ここで絶対にやってはいけないのが、「求められてもいないのにアドバイスをする」ことです。

例えば、「いや、それはこうした方がいいよ。絶対こうするべきだよ!!」みたいなことを言っちゃう人がいますが、完全NGです。

女性が男性に恋愛の話をするのは、相手にアドバイスを求めているのではなく、ただ単に聞いてほしいだけ。

ですから、彼女の恋愛トークひとうひとつに、丁寧に答えていってあげましょう。

3.「タメ口へ移行」

恋愛トークはたっぷりと聞いてあげましたか?

それでは、そろそろタメ口に移行していきましょう。

やはりいつまでも敬語というのは、なかなか距離が縮まないものです。

ですから、ある程度メールの回数を重ねてきたら、

「ところで急なんですけど、そろそろ敬語やめませんか?○○さんともっと仲良くなりたいので」

というように切り出すといいでしょう。

今までのメールの印象がよければ、たいていの場合「OK」を出してくれます。

そしたら、タメ口で「だよね~♪」というようにメールをしていきましょう。

しかし、ここでも気をつけたい点が2点。

まず、「チャラくなりすぎない」ということ。

タメ口をゆるされた途端に「マジ~??センキュ~♪」なんて返信したら、間違いなく引かれますからね。

「あ、この人本当は軽い人なのかな?」なんて思われたら、会ってくれなくなる可能性大ですから、そこは気をつけていきましょう。

次に気をつけたいのは「上から目線で話す」ということです。

高圧的な態度をとられるのも女性は嫌いますから、これも気をつけた方がいいでしょう。

4.「語ってみる」

次に、少々眺めの自分のエピソードを語ってみましょう。

これは仕事であった出来事などでいいです。

あまり長引かないように、200~300文字ぐらいがベストでしょう。

例えば、

「今日仕事であったこと」
「自分のペットについてのハプニング」

などなどですね。

これの何がいいかと言うと、相手の女性に対して「あ、私もこんな感じで話していいんだ」と思わせることができるからです。

女性というのはおしゃべりな生き物です。

ですから、このように自分が軽く語ると、その倍ぐらいの量で返してくる女性もけっこういるんです(笑)

さらに、これの効果はほかにもあって、女性に喋らせれば喋らせるほど、あなたへ心を開いてくれるようになります。

だから、このようなメールにしても、普通の会話にしても、相手の女性に「できるだけ喋らせる」というのは非常ン有効な手段。

ぜひ、これを目指してください。

ここで、この「語ってみる」を実践するうえでのルールは以下のとおり。

・自慢、悪口、愚痴は言わない
・「嬉しかった」「楽しかった」など、「感情表現」を積極的に入れていく
・ツッコミどころをひとつ入れておく

この「ツッコミどころ」というのは、例えば犬の名前を「タマ」と呼んで、「猫の名前じゃん(笑)」みたいな、「~(笑)」でツッコめるようなキーワードや文章を入れておくといいでしょう。

相手も親近感を抱いてくれるようになります。

5.「ドキっとさせてみる」

そして最後にこのテクニックも使っていくと、相手を揺さぶることができます。

それは、「ドキっとさせる」ということです。

オススメなのは、題名に「好きです」と入れておく。

そして文章の始まりでは、「焼肉が好きなんです。」みたいに書いていく。

こんな感じでメールを書かれると、彼女がはじめに目にするのはやはりメールの「タイトル」ですから、そりゃいきなり「好きです」みたいな言われたらドキっとしますよね。

で、内容を開いてみると「なんや焼き肉かい!」と。

でも、このように「揺さぶる」というのは、コッチに主導権を持ってくる効果があるので、非常に便利です。

ちなみに恋愛では「主導権」をどちらが握るかが非常に重要です。(特に男性にとっては。)

相手に主導権を握られてしまうと、男として情けないですからね。

ですから、このように適度に「揺さぶり」をかけていきましょう。

ABOUT ME
マイキー
マイキー
コメント、マッテルゼ!