使い方

ラブサーチのメール機能の活用方法

ラブサーチメッセージを送るとき用のテンプレート(定型文)の作り方を紹介します。。

会員数も膨大ですから、このテンプレートを作っておくと、あとあと登録女性にその都度メッセージを作る必要がなくなるので、とても便利です。

利用料金も有料会員制サイトという定額制ですから、バンバン送っていきましょう。

しかし、この申し込みメール送信もテンプレートもただ作ればいいという訳ではなく、きちんと作り方があります。

出会い系サイトにおいて写真と同じぐらい女性から男性登録者へ返信メールがきちんと来るかということにも影響しますので、はじめの人は次の手順に沿って作ってみてください。

ラブサーチ メール機能

1.テンプレの構成

まず、オススメのテンプレの構成をご紹介しておきましょう。

このように書いてください。

①あいさつ

②簡単な自己紹介

③メールを送った理由

④独自の文章1

⑤本格的な自己紹介

⑥休日何をしているかなど

⑦独自の文章2

⑧最近ハマっていること

⑨文章が長引いた謝罪と、最後まで読んでくれたことへの感謝

⑩メールをしたい意思を示す

⑪締め

2.あいさつ

それではまずは入りから行きましょう。

この挨拶の部分は、「構成」でいう、

①あいさつ
②簡単な自己紹介
③メールを送った理由

の部分です。

①あいさつ

まず、「①あいさつ」の部分です。

ここは、

「はじめまして、こんばんは。」

こんな感じで大丈夫でしょう。

②簡単な自己紹介

次に利用料金の安い優良サイトでは女性会員女の子からの返信率にも関わる②簡単な自己紹介機能の利用ですが、いきなり仕事内容は聞かず、ココは「現在、自営業をしている、27歳の○○と申します。」というように、まず「職業」、それから名前というように書いていきます。

必ず敬語を使うように。

③メールを送った理由

あいさつの最後に③メールを送った理由です。

というのも、メールを送られた側というのは少なくとも、

「なんで私にメールを送ったのか?」
「他の子でもいいんじゃないのか?」

などというように思っています。

ですから、そのように思っている彼女に対して、それをきちんと答えてあげましょう。

オススメは「趣味が共通していたから」ということです。

例えば相手のプロフィールを見て映画鑑賞が好きな女性であれば、

「私も映画鑑賞が好きで気が合うかなと思ってメッセージを送りました。」

というようにしておくといいでしょう。

しかし、あまりにがっつきすぎるのはNG。

コツとしては、この部分は「!」マークを使わないようにするのが好ましいでしょう。

この部分で「!」を多用してしまうと、相手は引いてしまいます。

3.自己紹介

それでは次に、自己紹介の部分です。

この自己紹介の部分は具体的には、「構成」でいうと、

④独自の文章1
⑤本格的な自己紹介
⑥休日何をしているかなど
⑦独自の文章2
⑧最近ハマっていること

の部分を指します。

それでは、ひとつひとつ見ていきましょう。

④独自の文章1

まず、独自の文章1に関してですが、これは「コピペ感」を減少させるために書きます。

女性プロフなどをしっかり見て、必ず、相手に関係のあること、その相手の女性独自の内容を書くようにしましょう。

⑤本格的な自己紹介

そして次に、「⑤本格的な自己紹介」をしていきます。

これはまずはじめに「自己紹介を始めます。」という文章にします。

そして、自分の年齢や住所、職業をさらに詳しく説明していきましょう。

ここで、絶対にやってはいけないのが「自慢」です。

やっぱり、どうしても「すごい経歴を見せたら女の子は興味を持ってくれるんじゃないか」と思いますよね。

例えば、「自営業ですが、儲かってます!!」みたいな。

これは傍から見ていてとってもサムい行為なので、絶対にやめましょう。

⑥休日何をしているかなど

次に休日は何をしているのか、を書いていきましょう。

これはつまり、「趣味」に間接的につながってくるところです。

ですから、ここは相手が興味を示しそうな内容にしていきましょう。

⑦独自の文章2

そしてこの部分でも、月額固定料金サイト経由のチャットの返事では最初の相手の利用者に別に長く書く必要はありませんので、当サイト「数を撃つコピペのコツ・攻略法」も参考にしながら、独自の、つまりコピペではない文章を書いていきましょう。

1行程度で大丈夫です。

ポイントは愛ての女性のみに関係があること。です。

⑧最近ハマっていること

そして自己紹介最後のところに、最近ハマっていることを入れていきましょう。

ここには「休日何をしているのか?」とは違う、別の趣味を入れていくとよいでしょう。

そしてここでも、なるべく相手の女性が興味がありそうな内容を書いていくのが望ましいです。

くれぐれも「ギャンブル」系や、「ドライブ」などは書かないように。

4.締め

では最後に「締め」に入っていきましょう。

この「締め」の部分は「構成」でいうところの、

⑨文章が長引いた謝罪と、最後まで読んでくれたことへの感謝
⑩メールをしたい意思を示す
⑪締め

の部分を指します。

では、ひとつひとつ説明していきましょう。

⑨文章が長引いた謝罪と、最後まで読んでくれたことへの感謝

ここで、「文章が長引いた謝罪」と「最後まで読んでくれたことへのお礼」を入れておくと、非常に効果的です。

「文章が長引いた謝罪」は、

「すいません、ちょっと文章が長引いちゃいましたね。」

「最後まで読んでくれたことへのお礼」に関しては、

「最後まで読んでくれてありがとうございます。」

というように、きちんと丁寧に、謝罪と感謝をするようにしましょう。

女性はこのように丁寧に扱われるのがものすごく好きで、そしてそのような男性に対して「あ、いい人なのかな」と思います。

⑩メールをしたい意思を示す

そして、ここでは、

「○○さんとメールしたいです。よろしくお願いします。」

このようにシンプルに書いておきましょう。

⑪締め

最後に締めですが、ここは相手のことを気遣うような文章を入れてあげるとなおいいでしょう。

「暑い日が続きますが、体に気をつけてください。」

5.バランスを整える

ポイント制ではない定額制出会い系サイトでも、文章が完成したら、業者の話のように無難返信はしていないかなど、最後にその文章を音読でもいいし黙読でもいいし、とにかく何回か読んでみましょう。(メッセージアド交換の攻略方法)

そして「ココ不自然だな、、」と思うところがあれば、修正を加えます。

そして出来上がったらそれを送信しましょう。

数撃ちゃ当たります。

ぜひ、めげずに頑張ってください。

ABOUT ME
マイキー
コメント、マッテルゼ!